訪問者別リンク

大学紹介

各学部の卒業要件・判定基準

教育学部

(履修方法及び最低履修単位数)

第6条 各コースにおける履修方法並びに卒業に要する最低履修単位数は,別表第1 のとおりとする。
リンク「教育学部規則」※別表は5頁目

(教育学部規則 第6条)

(専攻決定)

第12条 学生は,2 年次末までに専攻を決定するものとする。
2 指導教員を決定するに当たつては,2年間在学し,「語学1」4 単位以上,「保健体育(実技)」2単位を含み64単位以上を修得しなければならない。
3 指導教員の決定に関しては,別に定める。

 

(教育学部規則 第12条)

経済学部

(卒業要件)

第7条 学生は,卒業するためには、学則第33条の規定に基づき4 年以上在学し,学部教務細則に定める履修方法により,124単位以上を修得しなければならない。

2 第3年次に編入学した学生は,卒業するためには,学則第33条の規定に基づき2年以上在学し、別に定める履修方法により,84単位以上を修得しなければならない。

3.第一項の規定にかかわらず,別に定める要件を当該学生が満たしている場合は,学則第34条の規定に基づき,修業年限を3年とすることができる。

(経済学部規則 第7条)

(卒業判定)
第12条 卒業の判定は,教授会の議を経て,学長が認定する。

(経済学部規則 第12条)

システム工学部

(履修方法)

第7条 学生は,別に定める履修方法により,次に定める以上の単位を修得しなければならない。
システム工学科 132単位
2 編入学等を許可された者の履修方法等については,別に定める。

(システム工学部規則 第7条)

(卒業)
第12条 学生が本学部に所定の年限以上在学し,各学科所定の授業科目を履修し,所定の単位以上を修得した場合は,教授会の議を経て,学長が卒業を認定する。

(システム工学部規則 第12条)

観光学部

(卒業要件)
第7条 学生は,卒業するためには、学則第33条の規定に基づき4年以上在学し,別に定める履修方法により,124単位以上を修得しなければならない。

(観光学部規則 第7条)

(卒業判定)
第11条 卒業の判定は,教授会の議を経て学部長が認定する。

(観光学部規則 第11条)

このページの先頭へ