訪問者別リンク

学部・大学院・教養教育

経済学部・経済学研究科

img_eco01.jpg

経済学部・経済学研究科サイト

経済で「世界」を読み解く

経済学的な視点から社会を分析し、未来を切り開く力を養います。

学部説明

経済について理解を深めることは、ビジネスに強くなるだけでなく、社会の全体像への理解を深めることにつながっています。

和歌山大学経済学部では、経済学科、ビジネスマネジメント学科、市場環境学科という3つの学科を設け、さまざまな角度から現代社会の課題にアプローチ。社会のあらゆる分野で活用することができる知識とスキル、そして経済学的な考え方を習得することができます。

また、近年のグローバル化、高度情報化にいち早く対応し、国際的な視点に立った教育、情報技術を習得する授業などが充実しています。

経済学部の学科

経済学科

経済学という確かな視点を身につけ、現代社会の現状と未来を考えます

経済を学ぶことは社会の仕組みを理解するための第一歩であるとともに、社会のなかで自分がいかに生きるかを考える指針となります。経済学科では、生活に密着したテーマを題材に経済学の基礎理論を学習。また、「経済社会理論」「政策科学」「応用社会分析」という3つの科目群を設けており、学生がそれぞれに関心のある分野を重点的に学びます。そして経済学の専門知識を切り口に社会観を養い、日本と世界が直面する経済事象にかかわる問題を解決へと導くための政策提言能力を養います。

経済学科

ビジネスマネジメント学科

経済環境の変化に対応できる実践的なビジネススキルを養う

経済活動における最も重要なプレイヤーである企業について、さまざまな観点からアプローチします。「マネジメント」「会計」「情報」の3つの科目群を設け、経営学、会計学、情報科学など幅広い学問領域をカバーしています。また、グローバリゼーションと高齢化社会の到来という流れのなかで、企業が国際社会や地域社会にどのように役割を果たすべきか、といった現代的な課題にも対応しており、企業の社会的責任の取り方についても考えていきます。

ビジネスマネジメント学科

市場環境学科

市場とそれを取り巻く環境を多角的な視点から分析

商品や労働力が自由にやり取りされる場である「市場」は、経済活動の中心と言えます。そのため市場の環境や規制などによって経済活動は大きく左右されます。本学科では、こうした市場を取り巻く環境について学ぶために「流通システム」「経済環境」「法律」という3つの科目群を設け、流通制度、経済環境、法律による規制、文化、情報などの多角的な視点から市場環境を分析します。市場のシステムを理解し、その動きを予測できる柔軟な思考力や判断力の育成をめざします。

市場環境学科

大学院

大学院経済学研究科

経済学専攻

国際社会の経済環境は、急速かつ大きく変化しています。こうした環境のなかで絶えず生起する経済現象を冷静かつ的確に分析し、日本経済、国際経済が抱える諸問題に真正面から取り組むスペシャリストが社会に強く求められています。本専攻では、経済に関わる諸問題の解明と政策的な処方の提示をめざし、理論、政策、歴史、国際関係などの視点から包括的に研究を進めます。

経営学専攻

現代市場経済のなかで重要な役割を担う企業。その行動原理、組織現象などを科学的に分析します。本専攻では、主に経営諸機能の生成・発展のメカニズムをはじめ、現代の企業社会における意思決定、経営戦略、会計など企業経営に関わる諸問題に対して多角的にアプローチします。実践的な経営戦略の構築や、政策提言ができる人材の育成が本専攻の大きな目標です。

市場環境学専攻

経済活動のフィールドである「市場」についての研究に加え、法律、文化、歴史など市場を取り囲む周辺環境へもアプローチ。経済、社会、企業のシステムおよびその活動を「市場」という側面から考察。「市場の公正性」をテーマに、経済、社会、企業など、それぞれの活動が健全に行えるフィールドをどのように確保するかという課題を中心に据えて教育・研究に取り組みます。

経済学研究科

カリキュラム

関連リンク

このページの先頭へ