訪問者別リンク

学部・大学院・教養教育

観光学部・観光学研究科

img_tou01.jpg

観光学部・観光学研究科サイト

観光のエキスパートを育成

和歌山という地の利を活かし、新しい観光学を創造します。

mandara.jpg

学部説明

近年、わが国は「観光」を戦略産業と位置づけ、観光立国に向けて官民一体で取り組んでいます。和歌山県においては、「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録で国際的に注目を集めるなか、「観光立県宣言」を掲げ、「観光」を核とした地域再生に積極的に取り組んでいます。

和歌山大学観光学部はこれら恵まれた環境を活かし、全国、そして世界をフィールドに、観光産業・行政の現場と密接に連携した新しい観光学を創造します。

また、観光を支えるのにふさわしい豊かな教養と専門性を備えたエキスパートを育成します。

観光学部の学科

観光経営学科

観光関連産業でリーダーになる人材を育成

21世紀は「観光の時代」ともいわれ、 「観光」は世界のあらゆる国・地域で最も有望な成長分野として注目を集めています。観光経営学科は、経済学を学び、ホスピタリティの視点から新しい観光産業や関連の集客交流産業を生み出し、その経営戦略を探求・創造できる能力を養成することで、地域の特性に精通した観光ビジネスのプロデューサーとして活躍できる人材の育成を目指します。本学科では、観光関連産業のマネジメントについて包括的に扱う「観光マネジメント」、観光関連商品のマーケティングについて学ぶ「観光マーケティング」の、2つのコースから構成されます。

観光経営学科

地域再生学科

観光に精通しつつ地域再生に貢献できる人材を育成

地域社会を構成する都市や農山村はいま、中心市街地の衰退や過疎化など様々な困難に直面しています。これらの地域の再生を目指す上でのキーワードが観光です。一方、逆に地域そのもののあり方・魅力が観光資源となる時代を迎えました。こうした時代の変化を受けて、地域再生学科は、観光に通じながら 地域再生のプランナーとして活躍できる人材の育成を目指します。本学科は地域再生の理論と実践を包括的に扱う「観光まちづくり」、これを異文化交流などの文化的視点から取り組む「観光文化」、地域再生のためのコンテンツの発掘と活用を学ぶ「観光コンテンツ」の3つのコースから構成されています。

地域再生学科

大学院

観光学研究科

grad_kankou_introduction.jpg

観光経営・地域再生・観光文化を三本柱に、高度な専門性と学際性をもつ人材を育成

和歌山大学大学院観光学研究科は、21世紀における観光の量、質両面での劇的な発展と、観光が今世紀の重要な国家戦略に位置づけられている状況をふまえ、この事態を学際的な観点から科学的に解明するとともに、この分野において高い専門知識を持ち、応用力、想像力そして人間性に富み、国際的視野で行動できる人材の育成を目的としています。

観光学の全体像の習得を前提に、観光経営・地域再生・観光文化の3つの領域において、そのいずれかに精通しつつ高度な専門性を獲得でき、かつ全体に目配りした学際的・汎用的な能力を養います。

観光学研究科

カリキュラム

このページの先頭へ