訪問者別リンク

入試情報

システム工学部 入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー )

1.教育目的

  和歌山大学システム工学部は、広範な教養及び理工学における複数領域の分野を横断する知識を身につけ、その知識を自ら活用することにより、広い視野から時代の要請に応え、産業・社会のニーズに即応できる実践力と創造性を持ち、課題解決のできる研究者や技術者を養成します。

2.求める学生像

 システム工学部は、理工系学部教育を学ぶために必要な基礎的な学力を備え、以下に示す要件を満たす人を求めます。

  1. 理数系の基礎知識と問題解決能力を持ち、国際的なコミュニケーションに必要な英語力を有する人
  2. 論理的思考力と多面的な分析能力により、複合化された複雑な課題を解決する能力を持つ人
  3. 明確な目的意識を持ち、自らの将来を切り拓く意志を有する人

  入学後には、自ら学び考える力をもち、以下の様な観点から、学術・産業研究を含む広範な理工系分野で活躍する自律的な高度技術者を目指すことを求めます。

  • ž  自分自身の思い描くキャリアパスを客観的に考え、それに応じた2つのメジャーを選択すること
  • ž  メジャーが提供する専門知識・技能を主体的に修得し、未来の職業人としての基礎力を高めること
  • ž  異なる知識や技能を、断片的にではなく体系化して身につけ、複雑な課題を解決する能力へと高めること

3.入学者選抜の基本方針

  1. 一般入試[前期日程]では、高等学校等で学んだ各教科の基本的な知識を大学入試センター試験により、数学的思考力と英語の理解力を個別学力検査により評価し、入学者を選抜します。
  2. 一般入試[後期日程]では、高等学校等で学んだ各教科の基本的な知識を大学入試センター試験により、システム工学を学ぶにふさわしい能力・適性を個別学力検査等により評価し、入学者を選抜します。
  3. 推薦入試では、明確な目的意識をもって入学を希望し、かつ、出身学校長より推薦を受けた者のうち、高等学校等で学んだ各教科の基本的な知識を大学入試センター試験により、目的意識や学修意欲等を面接及び出願書類により総合的に評価し、入学者を選抜します。
  4. 第3年次推薦編入学入試では、高等専門学校等での学修により身につけた理工系学部に関する専門知識・技能等を面接と出願書類により評価します。あわせて、目的意識や学修意欲等を面接により評価し、入学者を選抜します。
  5. 第3年次一般編入学入試では、高等専門学校等での学修により身につけた理工系学部に関する専門知識等を学力検査により評価します。あわせて、高等専門学校等での学修により身につけた理工系学部に関する専門知識・技能や目的意識、学修意欲等を面接により評価し、入学者を選抜します。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

  • テレメール2018.gif

このページの先頭へ